01 伊勢志摩サミット100日前記念 お伊勢参り食べ歩きツアー in 日本橋

伊勢志摩サミット
開催100日前の節目に、
日本橋と伊勢とのつながりを体現する、
「お伊勢参り食べ歩きツアー in 日本橋」
を開催します。

日本橋三越本店を江戸日本橋に、
三重テラスを伊勢神宮に
見立てたエリアには、
三重の魅力あふれる
食体験が目白押し。

下記チェックポイントを回って、
豪華賞品が当たる抽選会に
チャレンジしよう!
さあ、日本橋からお伊勢参りへ!

ぐるっと歩いて抽選券を集めて、三重テラスで豪華賞品を手に入れよう
A

抽選会対象

伊勢志摩サミット開催
100日前記念ランチの販売

期間:2月19 日(金)~21日(日)11:00~18:00 (LO)
場所:日本橋三越本店 本館7階 特別食堂日本橋(URL:http://www.kaikan.co.jp/branch/nihonbashi/

三重県の魅力的な食材を使った、特別食堂日本橋オリジナルのコースメニューを1日限定30食販売します。
販売メニュー:三重県産舌平目の洋酒蒸しボンファムコース
※抽選券を抽選会場にお持ちください

B

抽選会対象

伊勢茶・煎茶点前体験

日時:2月19日(金) 14:00~15:00
場所:日本橋三越本店新館9階カルチャーサロンロビー

「三重ブランド」認定の深緑茶房「千寿」を煎茶美風流教授塩見薛風煎茶点前で体験できます。
※先着50名様・参加無料

煎茶美風流教授 塩見薛風(赤坂芸妓 ふみ香)※煎茶は美風流教授
※赤坂現役芸者で四谷荒木町で隠の座というお座敷バーを営業

隠の座:
http://onnoza.com/
https://www.facebook.com/shiomifumie
煎茶美風流:
https://www.facebook.com/bifuryu

※当日先着順で受け付けます。
※抽選券を抽選会場にお持ちください

C

抽選会対象

伊勢茶ブレンドワークショップ

日時:
2月18日(木)16:00~17:30
場所:
日本橋三越本店 本館7階 Hajimarino café(はじまりのカフェ)
(URL:http://hajimarinocafe.jp/about/

伊勢茶のブレンドワークショップを開催します。
深緑茶房の伊勢茶葉3種類(かぶせ茶、煎茶、深蒸し茶)の飲み比べを行い、その中で自由にブレンド、自分だけの1杯を作ります。
※事前申込制・参加無料
※お申し込みは下記HPよりお願いいたします。
http://hajimarinocafe.jp/workshop/
※抽選券を抽選会場にお持ちください

講師:
松本浩

(有)深緑茶房代表取締役。伊勢茶の安全・安心確保へ積極的に取り組み、東海三県の茶農家で初めてのJGAPを取得。日本茶インストラクター、三重県指導農業士の資格をもち、県内外で伊勢茶の普及に努める。

C

抽選会対象

伊勢茶セットの限定販売

期間:
2 月17日(水)~22 日(月) 10:00~19:00 ※17日のみ13:00~19:00
場所:
日本橋三越本店 本館7階 Hajimarino café(はじまりのカフェ)(URL:http://hajimarinocafe.jp/

深緑茶房の「千寿」と伊勢茶を使ったオリジナル羊羹のセットを1日20セット販売。
※抽選券を抽選会場にお持ちください

■伊勢茶/深緑茶房(三重県松阪市)

三重県のお茶は、静岡、鹿児島に次いで全国3位の生産量を誇り、かぶせ茶、煎茶、深蒸し煎茶が生産されています。伊勢茶とは三重県で生産されるお茶の総称で、三重県産茶葉100%使用・天然自然のお茶生産履歴の記帳義務が徹底して行われているブランド茶です。
深緑茶房は三重県松阪市飯南町にある茶農家直営のお茶屋です。茶栽培に適したこの土地で、製造工程で生葉を長く蒸す「深蒸し煎茶」を生産しています。その中で、「千寿」は旨味の多い茶葉を厳選し美味しさにこだわった茶葉です。
深緑茶房は「三重ブランド」の認定をはじめ、天皇杯、農林水産大臣賞、地産賞など数々の受賞を誇る三重県を代表するお茶屋です。
深緑茶房HP

D

抽選会対象

三重県志摩の的矢かきと
宮城県唐桑のかき体感フェア

期間:
2月19日(金)~22日(月)
19.20.22日-11:30~15:30(LO) 18:00~22:00(LO)
21日-11:30~15:30(LO)
場所:
わたす日本橋(東北復興に向けた情報発信・交流拠点、URL:http://www.watasu.net/

先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)が開催される三重県産の志摩の牡蠣と、財務大臣・中央銀行総裁会合が開催される宮城県産の唐桑の牡蠣を使った限定メニューを販売。
ともにサミット開催地である両県に、ちなんだ食の魅力を発信します。
※1日50食限定

販売メニュー:
ランチタイム/カキフライランチ(1,080円・税込)
ディナータイム/牡蠣のチーズフォンデュ(1,580円・税込)
※抽選券を抽選会場にお持ちください

■的矢かき/佐藤養殖場(三重県志摩市)

「的矢かき」はプランクトンの豊富な志摩半島の的矢湾で、一粒かきとして筏養殖されています。穏やかな海域で育ったかきは、毎朝筏より採取され、浄化場での紫外線で殺菌した海水に浸けられ、特殊な流れの中で約20時間飼育するという画期的な方法によって清浄浄化されています。これにより佐藤養殖場の「的矢かき」は、生で食べることができる高品質なかきとして広く認められ、高級レストランやホテルなどに支持されています。佐藤養殖場のHPでは、的矢かきを購入することもできます。
佐藤養殖場HP

E

抽選会対象

“三重の食”体感フェアinコレド室町1

期間:
2月19日(金) ~22日(月)

場所:コレド室町1(URL:http://31urban.jp/storeguide.php?iid=0013&mode=0&page=02#31

1階:
カフェ エメ・ヴィベール(ディナー)
 メニュー:
「松阪牛リブロースのグリル ソースポワブラード」
2階:
ケ ヴォーリア!(ディナー)
 メニュー:
「松阪牛のサーロインステーキ」
3階:
中國名菜 孫(ランチ・ディナー)
 メニュー:
「伊勢志摩サミット100日前記念イベント限定コース」
4階:
トップス(ディナー)
 メニュー:
「パスタコース」

1階:カフェ エメ・ヴィベール

2階:ケ ヴォーリア!

3階:中國名菜 孫

4階:トップス

コレド室町1の対象4店舗で、三重県の食材を使った限定メニューを販売。
提供メニューはいずれも3,310円(税込)となります。
※数量限定のため、提供期間に変動があります。
※営業時間は店舗によって異なります。
※抽選券を抽選会場にお持ちください

"三重の食"体感フェアin日本橋三越本店

日本橋三越本店 本館地下1階・新館 地下2階の一部店舗

期間:
2月17日(水)~22日(月)10:00~19:00
場所:
日本橋三越本店 本館地下1階の一部店舗
(URL:http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/main_b1f/index.html
日本橋三越本店 新館地下2階の一部店舗
(URL:http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/floor/new_b2f/index.htm

「三重ブランド」食材、伝統銘菓、銘酒を各コーナーにて販売。

販売商品

生鮮:
精肉の二幸(松阪牛)、鳥麻(伊勢赤鶏)、吉川水産(伊勢エビ、かき、はまぐり)、室町万弥(三重なばな、松阪赤菜、伊勢いも、南紀みかん)
新館:サンフルーツ(いちご(かおり野)ゼリー、いちご(かおり野)ショートケーキ)
菓遊庵:
深川屋陸奥大掾(銘菓関の戸)、柳屋奉善(老伴)、笹井屋(なが餅)
味匠庵:
うおすけ(元祖鮎の甘露煮)、サンショク(伊賀豚 角煮)
ラカーヴ:
清水清三郎商店(鈴鹿川 KIKUZUKUSHI)
和総菜:
伊勢せきや(めで鯛ごはんの素)
02 伊勢志摩サミット100日前記念フォーラム The spirit of ”和”

日時:
2月16 日(火)開場10:00~/開催11:00~12:30
場所:
ビジョンセンター東京 4階401
(URL:http://www.visioncenter.jp/tokyo/access/index.php
定員:
180名

※事前申込は先着順で受付、申込完了の方にのみメールにてご連絡いたします。
当日受付で受付番号と氏名をお伝えください

出演:
生駒芳子[ファッションジャーナリスト]
出口治明[ライフネット生命保険(株)会長]
別所哲也[俳優]
モデレーター:佐々木紀彦[NewsPicks編集長]

サミット開催100日前という節目に、様々な分野から豪華ゲストを招き、記念フォーラムを開催。「The spirit of “和”」をテーマに、伊勢志摩サミットの意義や世界に伝えたい日本の魅力、三重県の魅力についてパネルディスカッションを行います。
伊勢神宮から、三重の食文化、海女、忍者まで、すべての日本人に知ってほしいディープで多彩なトピックを展開予定。

お申し込みはこちらから

氏名:
フリガナ:
電話番号:
メールアドレス:
※上記の項目をご記入の上、送信ください。

生駒芳子[ファッションジャーナリスト]

VOGUE、ELLEを経て、2004年よりmarie claireの編集長を務める。2008年10月に退任後は、ファッション雑誌の編集長経験を生かして、ラグジュアリー・ファッションからエコライフ、社会貢献まで広い視野でトピックを追い、発信するファッションジャーナリストとして活躍。日経新聞「エコプロダクツ展」での「エコ・ウーマン・トーク」への出演など、環境・エコに関するイベントをはじめ、社会貢献、エコロジー、フェアトレード、チェンジメイキングを含めた、21世紀的エシカルなライフスタイルも提案している。(ファッションジャーナリスト/ アート・プロデューサー/ 公益財団法人三宅一生デザイン文化財団理事特定非営利活動法人サービスグラント理事工芸ルネッサンスWAO総合プロデューサー経済産業省クールジャパン官民有識者会議委員経済産業省産業構造審議会委員東京成徳大学経営学部ファッション・コース教授エスモード・ジャポン講師杉野服飾大学大学院講師EYE OF GYREアート・プロジェクト監修)

出口治明[ライフネット生命保険(株)会長]

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年6月より現職。
主な著書に、「生命保険入門 新版」(岩波書店)、「直球勝負の会社」(ダイヤモンド社)、「生命保険とのつき合い方」(岩波新書)、「本の『使い方』」(角川oneテーマ21)、「『働き方』の教科書」(新潮社)、「人生を面白くする 本物の教養」(幻冬舎新書)、「世界史の10人」(文藝春秋)など。

別所哲也[俳優]

静岡県生まれ。慶應義塾大学法学部卒。1990年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。その後、映画・ドラマ・舞台・ラジオ等で幅広く活躍中。近年では、「レ・ミゼラブル」、「ミス・サイゴン」など、大作・話題作の舞台に出演。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰。これまでの映画祭への取り組みから、文化庁文化発信部門長官表彰受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員、カタールフレンド基金親善大使、横浜市専門委員、映画倫理委員会委員、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバー、島田氏ふるさと大使に就任。内閣府・世界で活躍し『日本』を発信する日本人の一人に選出。第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。第63回横浜文化賞受賞。

モデレーター:佐々木紀彦[NewsPicks 編集長]

1979年福岡県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。東洋経済新報社で自動車、IT業界などで「30歳の逆襲」、「非ネイティブの英語術」、「世界VS中国」、「ストーリーで戦略を作ろう」「グローバルエリートを育成せよ」などの特集を担当。2012年11月、「東洋経済オンライン」編集長に就任。リニューアルから4カ月で同サイトをビジネス誌系サイトNo.1に導く。2014年7月、株式会社ユーザベース「NewsPicks」編集長 執行役員に就任。2015年4月、株式会社ニューズピックス 取締役に就任。著書に、「米国製エリートは本当にすごいのか?」(東洋経済新報社)。2013年7月、メディア業界の今後を論じた「5年後、メディアは稼げるか?」(東洋経済新報社)がある。

NEWS PICKS

NewsPicksは2013年9月にスタートした、ビジネスパーソンのためのソーシャル経済ニュースです。「WSJ日本版」「Financial Times」「ダイヤモンドオンライン」など90を超える経済メディアが配信するニュースを、「トップマネジメント」「金融」「政治政策」「電機・自動車」など20ジャンル100人の専門家「プロピッカー」をはじめとしたユーザー(ピッカー)のコメントと合わせて読むことで、ニュースへの理解を深めることができます。2015年12月現在、会員ユーザー数は100万を突破。
HP

A documentary film "umi yama aida" うみ やま あひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ

日時:
2月16日(火)18:00~
場所:
三重テラス2階イベントスペース
(URL:http://mieterrace.jp/access/
定員:
30名

伊勢神宮を撮り続けてきた写真家・宮澤正明によるドキュメンタリー作品を上映。同作品は、マドリッド国際映画祭でも、最優秀外国語ドキュメンタリー作品賞など、2冠に輝いた。終了後に宮澤監督のトークショーも開催。

URL:http://umiyamaaida.jp/about

※事前申込制・参加無料
※抽選券を抽選会場にお持ちください
※事前申込は先着順で受付、申込完了の方にのみメールにてご連絡いたします。当日受付で受付番号と氏名をお伝えください

監督◎宮澤正明(みやざわまさあき)

1960年東京生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。

1985年に赤外線フィルムを使用した処女作「夢十夜」でニューヨークICP インフィニティアワード新人賞受賞。帰国後、ファッション・広告の分野に活動の領域を広げる。

2005年第62回神宮式年遷宮の正式な撮影許諾を受け「現代に生きる神話」をテーマに撮影を開始、2013年10月に行われた遷御の儀までの間に6万点に及ぶ作品を奉納する。

近書に写真集『浄闇』『遷宮』。

※お申し込みの受付は終了しました。

日時:
2月20日(土)18:30~
場所:
三重テラス2階イベントスペース
(URL:http://mieterrace.jp/access/
定員:
30名

伊勢神宮と熊野を結ぶ熊野古道・伊勢路170㎞を、
写真を撮りながら歩き続けている写真家・山本まりこと、
日本文化案内人として熊野古道を知り尽くした秦まゆなが、
2人ならではの視点で、今すぐ歩き出したくなるほど
魅力的な熊野古道について紹介します。

※抽選券を抽選会場にお持ちください
※事前申込は先着順で受付、申込完了の方にのみメールにてご連絡いたします。当日受付で受付番号と氏名をお伝えください

※お申し込みの受付は終了しました。

山本まりこ
写真家
理工学部建築学科卒業後、設計会社に就職。「でもやっぱり写真が好き」とカメラを持ってひとり旅に出発し、そのままフォトグラファーに転身。風通しがいいという意味を持つairy(エアリー)をコンセプトに、空間を意識した写真を撮り続けている。雑誌・広告撮影、旅エッセイ執筆、講演、テレビ出演、フォトセミナー講師など活動は多岐。2015年2月NHK Eテレ「趣味Do楽」に出演。著書「エアリーフォトの撮り方レシピ」(玄光社)他多数。毎日作品を発表しているtwitterのフォロワー数は1万人以上。
秦まゆな
日本文化案内人・文筆家
千葉県市川市生まれ。学習院大学文学部史学科卒。
『古事記』『日本書紀』をもとに全国の神社をめぐり、日々取材を進めている(地元の酒と食、温泉のチェックは忘れない)。
「母国・日本の歴史を正しく知り、我が子に伝えられるお母さんをつくる」ために執筆・セミナーなどで活動中。
著書に『日本の神話と神様手帖 あなたにつながる八百萬の神々』(マイナビ)。

omotenashi 豪華賞品が当たるスタンプラリー抽選会

豪華賞品が当たる抽選会

期間:
2月16日(火)~22日(月)受付10:00~20:00
場所:
三重テラス1階(URL:http://mieterrace.jp/access/

期間中抽選券を集めると、
三重県の豪華賞品が当たる抽選会に参加できます。

参加方法

  1. 抽選会対象店舗で、抽選券を集めていただきます。
  2. 集めた抽選券1枚につき1回、期間中三重テラスで行なわれる抽選会にご参加いただけます。

※抽選会は賞品がなくなり次第、終了となります。

主な賞品内容

A賞 
お伊勢巡り体験ツアー(1組2名様)
B賞 
松阪肉ローストビーフ(5名様)
C賞 
伊勢茶・千寿/提供:深緑茶房(10名様)
D賞 
伊勢木綿ハンカチ/提供:臼井織布(20名様)
E賞 
的矢かきカレー/提供:佐藤養殖場(30名様)
F賞 
牡蛎醤油/提供:伊勢醤油本舗(40名様)
G賞 
伊勢志摩サミットオリジナルポストカード(500名様)
広島県賞 
熊野化粧筆(筆の里工房)(10名様)<外務大臣会合>
宮城県賞 
高機能玄米「金のいぶき」300g(10名様)<財務大臣・中央銀行総裁会議>

※賞品内容は予告なく変更となる場合がございます。

主な賞品内容

お伊勢参り体験ツアー(1組2名様)

A賞 お伊勢参り体験ツアー
(1組2名様)

B賞 松阪牛ローストビーフ
(5名様)

C賞 伊勢茶[千寿]100g
(10名様)

D賞 伊勢木綿ハンカチ
(20名様)

E賞 的矢かきカレー
(30名様)

F賞 牡蛎醤油
(40名様)

G賞 伊勢志摩サミット
オリジナルポストカード
(500名様)

■牡蛎醤油/伊勢醤油本舗(三重県伊勢市)

伊勢醤油本舗の牡蛎醤油は、伊勢志摩の的矢湾で育まれた高品質で安心・安全な「的矢かき」を100%使用しています。牡蛎エキスを使っただし醤油が多いなかで、当商品は牡蛎そのものを発酵させてできた牡蛎醤「かきびしお」を使用し、伊勢醤油と巧みに調和させた逸品です。牡蛎エキスではなく牡蛎醤を使った事で、牡蛎本来の旨味が凝縮されて味わい豊かに仕上がっています。伊勢内宮前のおかげ横丁に構える「伊勢醤油本舗 本店」では、実際に手に取って購入できます。
伊勢醤油本舗HP

omotenashi 伊勢木綿・松阪木綿でご案内

伊勢木綿・松阪木綿でご案内

期間:
2月19日(金)〜22日(月)10:00〜21:00
場所:
日本橋案内所(コレド室町1地下1階)
(URL:http://www.nihonbashi-tokyo.jp/information_center/#aeraMap

期間中、日本橋案内所のスタッフが三重県の伝統工芸品である伊勢木綿・松阪木綿の着物を着用し、ご案内します。

三重県オリジナルカフェメニューの販売

期間:
2月16日(火)~22日(月)10:00~21:00
場所:
日本橋案内所(コレド室町1地下1階)
(URL:http://www.nihonbashi-tokyo.jp/information_center/#aeraMap

案内所内のカフェスペースでは、三重県オリジナルカフェメニューを数量・期間限定で販売します。

■伊勢木綿/提供:臼井織布株式会社(三重県津市)

江戸時代より高い評価を得ていた伊勢木綿。沢山あった織元も現在では臼井織布株式会社を残すのみとなりました。
臼井織布株式会社は江戸時代中期に創業し、明治時代から今も当時と変わらぬ製法を守り続けています。伊勢木綿は素朴な色柄や落ち着いた風合いが特徴で、無撚の単糸を厳選して使用することにより、糸のもつ本来の魅力を感じることができます。表面に光沢があり、使えば使うほど滑らかになる肌触りは、大量生産される綿織物とは違う逸品です。
臼井織布株式会社HP

■松阪木綿/提供:一般社団法人松阪観光協会(三重県松阪市)

良質な木綿の産地であった松阪で生まれた松阪木綿。その当時、江戸の町には伊勢商人の木綿問屋が連なり、当時二百軒ほどあった呉服屋の実に七割を占めたとも言われています。その特徴である縦縞は「松坂縞」と呼ばれ、斬新なデザインとして江戸時代には大ブームとなりました。洗うほどに深みを増す藍の青さやその素朴な風合いは、松阪木綿の魅力として今も多くの人々に愛されています。そんな松阪木綿の織元も現在では御絲織物株式会社を残すのみとなり、その技術は大変貴重なものとなっています。
一般社団法人松阪観光協会HP

三重県